研究発表リスト

2011年以降の研究発表リストを表示しています。

2015年度

第5回 ソフトマター研究会 (12月17日(木)~19日(土)、東北大学)

コロイド分散系のマイクロレオロジーにおける粒子間相互作用の効果
井上雅郎、吉森明*(PA-03)  *新潟大学理学部

第44回 日本物理学会新潟支部例会 (12月5日(土)、新潟大学)

液体の理論を用いたマイクロレオロジーの研究
井上雅郎、吉森明*(発表番号17)  *新潟大学理学部

第29回 分子シミュレーション討論会 (11月30日(月)~12月1日(水)、新潟市)

液体の理論のマイクロレオロジーへの応用 井上雅郎、吉森明 (246P)

「動的秩序と機能」第4回国際シンポジウム 2015.11.22,23 九州大学西新プラザ

 “EFFECTS OF DEPLETION INTERACTION ON THE CRYSTALLIZATION” A.Suematsu (ポスター発表)

第70回日本物理学会年次大会(2015年)  2015年3月21日(土) - 24日(火), 早稲田大学

Stokes-Einstein則の微視的な力学からの導出, 吉森明
不均一環境下で溶質が溶媒から受ける抵抗,原諒平, 吉森明 (22pPSA-34)
場の量で表した原田佐々公式の導出, 山田一雄, 吉森明
マイクロレオロジーにおけるプローブ粒子の速度と抵抗力の関係, 井上雅郎, 吉森明 (22pPSA-25)
枯渇効果による結晶化に粒子間相互作用が及ぼす影響, 末松安由美, 吉森明, 秋山良

2013年度

The 9th Mini-Symposium on Liquids (7月4日(土)、九州大学)

Volume-fraction dependence of resistance force acting on probe particles in microrheology   Masao Inoue, Akira Yoshimori

高分子基礎研究会2014 (2014年11月27日(木)~29日(土)、湯布院FITセミナーハウス)

同符号荷電コロイド間引力の高濃度域での引力消失:OZ-HNC理論による解析, 藤原、澤山、吉森、秋山

2014年度

8th Mini-Symposium on Liquids (7月5日、岡山大学)

Application of the Time-Dependent Density Functional Theory to Microrheology  Masao Inoue, Akira Yoshimori (P7)
Effects of solvation structure on diffusion and breakdown of the Stokes-Einstein relation  Yuka Nakamura, Akira Yoshimori, Ryo Akiyama (P10)
A unified proof of the Harada-Sasa equality for underdamped and overdamped Langevin systems  Kazuo Yamada and Akira Yoshimori (p12)
A theoretical method of calculating a solvent dynamical effect on a solute insertion into a cylindrical vessel  Ryohei Hara, Akira Yoshimori (P18)

2010年度

第37回溶液化学シンポジウム(2014年11月12~14日, アバンセ(佐賀市))

溶媒の粒子性を考慮したときの粘性の理論, 山北知史, 吉森明(O05)
枯渇効果の有効ポテンシャルの違いが結晶化にもたらす影響, 末松安由美, 吉森明、秋山良、中村有花(P62)

立体視プロジェクションシステムを使った分子科学研究講演会 (2014年 12月 5~6日、九州工業大学飯塚キャンパス)

液体の理論のコロイド分散系への応用, 井上 雅郎, 吉森 明

2011年度

日本物理学会九州支部例会(2014年度)  2014年12月14日, 崇城大学)

動的密度汎関数理論による剛体分子液体の研究, 岡次聡, 吉森明, 吉田紀生(F–15)
溶質の運動に対する溶媒の枯渇効果, 原諒平, 吉森明(E-6)

International Meeting on Applications of Statistical Mechanics of Molecular Liquid on Soft Matter (September 14–17, 2014, Bangkok, Thailand)

Interaction between like-charged particles and attractive patches on like-charged proteins (invite)  Shingo Fujihara1, Akira Yoshimori2, Takuto Sawayama1 and Ryo Akiyama1

Nagoya Symposium on Depletion Forces: Celebrating the 60th Anniversary of the Asakura-Oosawa Theory (3月14、15日、名古屋大学)

“Depletion effects on diffusion in a binary hard sphere mixture” Yuka NAKAMURA, Akira YOSHIMORI, Ryo AKIYAMA
“Depletion effects on dynamics in microrheology” Masao INOUE, Akira YOSHIMORI
“Depletion effects on viscosity of solution” Tomofumi YAMAKITA, Akira YOSHIMORI

2012年度

Jülich Soft Matter Days 2014 (11-14 November 2014, Bad Honnef, Germany)

Effects of solvation structure on a large-particle diffusion, Yuka Nakamura, Akira Yoshimori, and Ryo Akiyama
Force on Probe Particles in Microrheology: A Numerical Study by the Time-Dependent Density Functional Theory, Masao Inoue and Akira Yoshimori
A theoretical method of calculating a solvent dynamical effect on a solute insertion into a cylindrical vessel, Ryohei Hara and Akira Yoshimori

2014年秋季大会(9月7日~10日、中部大学)

動的密度汎関数理論のマイクロレオロジーへの応用
井上雅郎、吉森明 (7pAM-4)
狭い空間に溶質が入るときの溶媒の動的効果 原諒平、吉森明(7pAM-10)
拡散係数におけるストークス-アインシュタイン則の破れ-溶質の大きさと溶媒の密度の効果- 中村有花、吉森明、秋山良 (8pPSB-43)
枯渇効果による有効ポテンシャルと結晶化  末松安由美、吉森明、秋山良、中村有花 (7pAM-8)
電解質溶液中の同符号コロイド粒子間の実効引力:積分方程式理論を用いた間接効果への分解  藤原慎吾,澤山拓斗,吉森明A,秋山良 (7pAM-2)

日本物理学会第69回年次大会(3月27-30日、東海大学湘南キャンパス)

溶媒の粒子性を考慮したときの溶質の拡散の理論 中村有花、吉森明、秋山良 (27aAB-2)
枯渇効果による結晶化の有効ポテンシャルを使った研究 末松安由美,○吉森明,秋山良,中村有花 (27aAB-9)
溶媒の粒子性を考慮したときの溶液の粘性の理論 山北知史、吉森明 (27aAB-1) 

5th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry
(12月 2-6日, 奈良) 

A Study of Microrheology by the Time Dependent Density Functional Theory
Masao Inoue, Akira Yoshimori (PIb-07)

日本物理学会2013年秋季大会(9月25日-28日、徳島大学)

大きな粒子の拡散における溶媒の充填率の効果 中村有花、吉森明、秋山良 (27pKN-3)
枯渇効果による相転移 末松安由美、吉森明、秋山良、中村有花

33rd International Conference on Solution Chemistry (7月7日-12日、京都)

A study of phase transition using interaction potential with two minima A. SUEMATSU, A. YOSHIMORI, M. SAIKI, J. MATSUI, and T. ODAGAKI (2PJ12)
Perturbation theory of large particle diffusion in a binary solvent Y. NAKAMURA, A. YOSHIMORI, R. AKIYAMA, and T. YAMAGUCHI (3PJ26)

3rd International Conference on Molecular Simulation
( 11月 18-20日, 神戸 )

Application of a Liquid Theory to Colloidal Dispersion Systems
Masao Inoue, Akira Yoshimori (1P29)
A Theory of Phase Transition for Two-Minimum Potential Systems
Ayumi Suematsu, Akira Yoshimori, Masafumi Saiki, Jun Matsui, Takashi Odagaki (1P40)

第119回日本物理学会九州支部例会(11月30日、久留米工業大学)

拡散係数における溶媒和の効果 中村有花、吉森明、秋山良 (F-8)
コロイド分散系の原田佐々公式 山田一雄、吉森明 (E-15)
コロイド分散系のダイナミクスにおける粒子間相互作用の効果
井上雅郎、吉森明 (F-9)

The 7th Mini-Symposium on Liquids (7月5日-6日、福岡)

Perturbation theory of large particle diffusion in a binary solvent Yuka NAKAMURA, Akira YOSHIMORI, Ryo AKIYAMA, and Tsuyoshi YAMAGUCHI (P15)

第2回ソフトマター研究会(9月24〜26日、西新)

シャペロニンに対する蛋白質挿入のダイナミクス  原諒平、天野健一、木下正弘、吉森明 (24日)
粒子間相互作用に極小を持つ系における固液相転移の研究 末松安由美、吉森明、才木将史、松井淳、小田垣考(25日)
拡散係数における枯渇効果  中村有花、吉森明、秋山良 (25日)
溶質周りに見られる水の速い緩和成分 久保田陽二 、吉森明、松林伸幸、鈴木誠、秋山良(25日)

2012年度日本物理学会秋季大会(9月18〜21日、横浜国立大)

拡散係数におけるSlip、Stick条件と動径分布関数  中村有花、吉森明、秋山良 (19aAB-1)
溶液中で狭い空間に溶質が入るときの経路  原諒平、天野健一、木下正弘、吉森明 (19aAB-2)
アインシュタインの粘度式の拡張 山北知史、吉森明(21aPSA-21)
複合状態のエントロピー増大則と力学 吉森明 (19aPSA-45)
分子動力学シミュレーションで探る溶質分子周りの水の速い誘電緩和 久保田陽二 、吉森明、松林伸幸、鈴木誠、秋山良(19aAB-8)

日本物理学会2013年春季大会(3月26日-29日、広島大学)

大きな粒子の拡散における摂動理論-摂動を使わない理論との比較-  中村有花、吉森明、秋山良 (27aXC-7)
溶質の溶媒和の効果を考慮したときのアインシュタインの粘度式の拡張 山北知史吉森明 (27aXC-8)
低密度ガラス-高密度ガラスの転移 松本幸介、松井淳(26pXH-3)

第6回Mini-Symposium on Liquids -福岡、2012年6月23日

A solvent effect on insertion path of a solute particle into a cylindrical vessel Ryohei Hara、Ken-ichi Amano、Masahiro Kinoshita、Akira Yoshimori
Slip and Stick boundary conditions for diffusion coefficient and radial distribution function  Yuka Nakamura, Akira Yoshimori, Ryo Akiyama

CCP2012(10月14〜18日 神戸)

GPU-Accelerated MD Simulation for Short-Range Particle Interaction
松本 幸介、松井 淳 (16日)

第35回溶液化学シンポジウム(11月12〜14日 東京)

溶質が狭い空間に入るダイナミクスにおける溶媒のエントロピー効果
原 諒平、天野 健一、木下 正弘、吉森 明

第24回分子シミュレーション研究会(11月26〜28日、九州大 西新プラザ)

大きな粒子の拡散における摂動理論  中村有花、吉森明、秋山良 (129P) 
溶媒の効果を含めた溶質のダイナミクス:シャペロニンへの蛋白質の挿入過程  原諒平、天野健一、木下正弘、吉森明(226P)
LJGポテンシャル系におけるガラスのMDシミュ レーション 松本幸介、松井淳(112P)
イオン近傍の水の速い誘電緩和と遅い配向緩和 久保田陽二 、吉森明、松林伸幸、鈴木誠、秋山良(316L)

Berkeley 2013 Mini Statistical Mechanics Meeting (1月11日-13日、バークレー)

Perturbation theory of large particle diffusion  Yuka NAKAMURA, Akira YOSHIMORI, and Ryo AKIYAMA

第34回溶液化学シンポジウムで吉森が招待講演を行います。

2011年11月15日「溶液化学と非平衡物理」

水を主役としたATPエネルギー変換第4回全体会議 -仙台、2012年3月7,8,9日

粒子が狭い空間に入るときの溶媒の効果 原 諒平、天野 健一、木下 正弘、吉森 明
球状の溶質の周りの水の誘電緩和 Y. Kubota, A.Yoshimori (Kyushu U.), N.Matubayasi (Kyoto U.), M. Suzuki (Tohoku U.), R. Akiyama (Kyushu U.)

2012年度日本物理学会春季大会(3月24〜27日、関学大西宮)

熱力学的摂動論を用いたLennard-Jones-Gauss系の固液相転移の研究  末松安由美、吉森明、才木将史、松井淳、小田垣孝 (24pBF-8)

3次元単成分系モデルのガラス転移 III  松本幸介、松井淳 (25aAH-4)

大きな粒子の拡散に対する新しい理論~他の理論との比較~稲吉裕子、中村有花、吉森明、秋山良(26pAH-2)

大きな粒子の拡散における微少量共溶媒の効果  中村有花、稲吉裕子、吉森明、秋山良 (26pAH-3)

粒子が狭い空間に入るときの溶媒の効果 原諒平、天野健一、木下正弘、吉森明(27aPS-16)

5th Mini-Symposium on Liquids(岡山、6月25日)

Application of a phase transition theory to a glass forming system   Ayumi Suematsu, Akira Yoshimori, Takashi Odagaki
A perturbation theory for friction of a large particle immersed in a binary solvent  Yuka Nakamura, Akira Yoshimori, Ryo Akiyama

理論化学討論会(岡山、5月13日)

Rotational Relaxation of Solvent Molecules around an ion: Spatial Distribution of Relaxation Time  植松 勇一郎, 吉森 明
溶液中での巨大粒子の並進運動に対する共溶媒の効果  中村 有花, 吉森 明, 秋山 良

日本物理学会第66回年次大会

大きな粒子が多成分溶媒系から受ける抵抗の理論  中村有花, 吉森明, 秋山良

日本物理学会九州支部例会(12月8日、琉球大学)

原田佐々公式が成り立つ時間領域の拡張  山田一雄、吉森明(C-12)
シャペロニンの中央になぜ蛋白質が入るのか  原諒平、天野健一、木下正弘、吉森明(C-20)
数理モデルによるマイクロレオロジーの研究  井上雅郎、吉森明(C-21)
二つの極小をもつ粒子乾燥後作用が相転移に及ぼす影響  末松安由美、吉森明、才木将史、松井淳、小田垣考(F-7) 
誘電分光測定でみられるハイパーモバイル水とシュミレーションで見られる速い誘電緩和 久保田陽二 、吉森明、松林伸幸、鈴木誠、秋山良(F-9)
溶媒の粒子性を考慮したときのアインシュタインの粘度式の拡張 山北知史、吉森明(F-10)

第117回日本物理学会九州支部例会-佐賀,12月3日

大きな粒子の拡散~粒子と溶媒の間の引力の効果~  稲吉 裕子、吉森 明、秋山良 (G-17)
大きな粒子の拡散~溶媒2成分系の理論~  中村 有花、吉森 明、秋山 良(G-18)
大きな粒子が狭い空間に入るときの溶媒の効果 原 諒平、吉森 明、天野 健一、木下 正弘 (G-19)
Lennard-Jones-Gauss 系の固液相転移 末松 安由美、吉森 明、才木 将史、松井 淳、小田垣 孝(G-20)

2011年物理学会秋季大会(富山、9月21-24日)

大きな粒子が2成分溶媒系から受ける抵抗の理論とその応用  中村有花、吉森明、秋山良 (21pJF-6)

フォッカープランク方程式を使った原田佐々公式の研究  山田一雄、吉森明 (22pPSB-52)

3次元単成分系モデルのガラス転移 II  才木将史、松井淳 (24aJF-12)

the 8th Liquid Matter Conference (Wien、9月6-10日)

A perturbation theory for friction of a large particle immersed in a binary solvent  Yuka Nakamura, Akira Yoshimori, Ryo Akiyama

Workshop on "Hydration and ATP Energy" 2011

イオンまわりの溶媒分子の配向緩和: 緩和定数の空間分布  植松勇一郎, 吉森明
液中の高分子の並進運動に対する共溶媒の効果  中村有花, 吉森明, 秋山良